PMSには抑肝散加半夏陳皮、温経湯など漢方がおすすめ

生理は女性の人生で長く付き合っていくもの。
妊娠するために大切な機能ではありますが、毎月訪れるこの生理は、
時として女性の体にトラブルを起こします。

多くの人が経験するのが「PMS」。これは「生理前症候群」とも呼ばれていて、
生理が始まる1~2週間前に精神的、肉体的な不調が生じることです。

PMSで頻発する症状が「気分変動」。気分の落ち込み、いらいら、
訳もなく涙が出る、誰かにやつあたりしてしまう...。
こんなの良くないってわかっているのに、自分の心の動きがコントロールできない。

PMSの苦しみは周囲に理解されづらいこともあり、
女性自身も「自分の性格が悪いだけ」と問題解決に踏み切らないままにしてしまう場合も多いです。

そんなPMSには漢方薬での治療が有効と知られています。有名なものは「抑肝散(ヨクカンサン)」。
本来高齢者のアルツハイマー型認知症や、小児のかんしゃく、夜泣きに用いられる薬です。

いらだちや心の落ち着かなさを改善させる効果があり、
女性のPMSによる精神的症状にも有効とされています。
漢方薬=苦いというイメージがありますが、認知症の患者さんにも用いられるこの薬は、
比較的飲みやすい味になっております。

副作用は特にありませんが、胸焼けなどの消化器症状が起きる場合もまれにありますので、
それを抑制するために「抑肝散加半夏陳皮(ヨクカンサンハンゲチンピ)」という
アレンジ版が用いられる場合もあります。

また、温経湯という女性のホルモンバランス、生理不順などに用いられるお薬もあります。
この漢方の注意点は胃の弱い人には向かないことがあります。
胃が荒れてしまう場合は当帰芍薬散などに変更することが多いようです。

漢方薬だけでなく西洋ハーブを使っている生理前サプリも多く販売されいて
漢方よりも臭い苦味がなく飲みやすいという利点もあります。PMS生理前サプリ
PMSによる悩みは一人でため込まず、医師や薬剤師に相談しましょう。

このブログ記事について

このページは、kanpoosusuが2016年4月 7日 11:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PMSを緩和させる栄養素と食材とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13